花の宰相、「花相」シャクヤク(芍薬)

投稿日:

いけばなを始めて10数年たちますが、自分でいけばなを教えたり、いけこみのお仕事をするようになって花を触る機会は数倍に変わりました。

ただ、稽古やいけこみの準備段階では花は蕾であることがほとんどなので、使った花全てをベストなタイミングで見る機会は減ったように思います。

先日、一本だけバケツに残った芍薬がアトリエで綺麗に開いてました。
花瓶にいけなおしていると、とても爽やかな良い香り!

品種によって色々あるのだと思いますが、芍薬はこんなに爽やかな香りがするのだと初めて知り嬉しくなりました。

とても些細な出来事ですが、花で癒される事を体感したひと時でした。

いけばなを習ってみたい、花を飾ってみたいなど、
おためしレッスン・出張いけこみのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

6月の教室日程が少し変更しています。
教室日程の日以外でも、おためしレッスンのご希望があればお問い合わせください。
都合がつくようでしたら対応させていただきます。

ブログ村ランキング。よろしければ押して下さいませ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です