お生花(おせいか)のお稽古

投稿日:

嵯峨御流のいけばなの花態で【お生花】といわれるお稽古があります。

形にも意味はあるのですが、少し難しいので割愛します(笑)

この花態、何本もの枝や花を使って、まるで一本のように形を作っていきます。
キレイに枝を沿わせる為には、いらない枝や葉を落とし、枝をためて(嵯峨御流では枝を曲げる事をためると言います)作りあげます。

どの枝も長さやバランスが決まっているので、とても根気のいる作業です。
しかし、出来上がった姿はスッキリとしていてとても素敵ないけばなです。

始めの頃は私もこの【お生花】がとても苦手でしたし、このいけばなの良さをあまり理解できませんでしたが(笑)
今も得意とはまだいえませんが…
【お生花】の形を作りあげて出来上がった花をみると、やはり素敵だなと思います。

伝統的ないけばなは、やはり稽古をしていても奥が深く、後世に残すべき芸術の1つだと思います。

日本の伝統芸術のいけばなに少しでも興味を持たれたら、いつでもお待ちしています。

ブログ村ランキング。よろしければ押して下さいませ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です