ヒオウギ 祇園祭、定番のお花

投稿日:

祇園祭の鉾が建ち始めました。

アトリエには大量のヒオウギです。
お稽古用といけこみ用です。

私がヒオウギというお花を知ったのは、いけばなを始めた十数年前です。
奈良出身の私には馴染みも無いお花でした。
京都・祇園祭では定番のお花というのもその時に知りました。

最初の頃は、無骨で大振りな花でお稽古をしていても、その良さは全くもって分かりませんでした(笑)
でもこの十数年間、毎年この時期にヒオウギでお稽古するようになって、
ヒオウギの花をいけてこそ、夏が祇園祭がくると思うになりました。

今では無骨だけれど、すらりと青々しくヒオウギがいけられると、爽やかな気持ちにもなります。

更花.の生徒さん…初めてのヒオウギはどんな気分だったでしょうか?(笑)
これから毎年この時期にはヒオウギのお稽古をしてもらいます。
初めてのお稽古では、この良さがわからないかもしれませんが…
いつか、ヒオウギをいけないと祇園祭が始まらない!と思ってもらえるといいなとおもいます。

続けていく事でわかる事がある。
これがお稽古事の良い所ですね♪

ブログ村ランキング。よろしければ押して下さいませ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です